大阪ワークショップと、コツ塾のこと

9月29日は、大阪の箕面市でワークショップを開催しました。共催は「コツ塾」を運営する野澤卓央さん・知子さん。コツ塾は、日常生活ですぐに活かせるコツを、楽しくわかりやすく伝えている学びの場。毎日欠かさず発行されているメルマガ「小さなコツがあなたを変える」は2018年9月30日でNo.4153!まさに、日々コツコツと積み重ねられた知恵の蓄積です(すごい!)。お二人はLove Smart Cardsのベースにある「NVC(非暴力コミュニケーション/共感コミュニケーション)」の実践者でもあります。

(野澤卓夫さん・知子さん。箕面川渓流にて)

Love Smart Cards(ハートのコミュニケーションカード)には、大切なもの(ニーズ)大切なものが満たされた時の気持ち(感情)大切なものが満たされなかった時の気持ち(感情)個性(性格の強み)の4種類のカードと、それぞれに関連する「問い」のカードが入っています。

ワークショップでは、それぞれのカードを実際に使いながら、ペアを組んだり、自分自身のテーマにひとりで向き合いながら、感情を味わい、自分自身の行動の源にあるニーズ(大切なもの)とつながっていきます。

午前中テーマは「共感の力」。そもそも、共感とは何か。共感を受け取った時、そうではない反応を受けとった時の感覚の違いを、対話を通じて体験したり…。

感情が知らせてくれている、大事なもの(ニーズ)につながったり。

ワークショップの最後の「チェックアウト(いま感じている気持ちを伝えあう時間)」では、このワークを通じて、自分の中に認め、感謝したくなった個性(性格の強み)とつながりました。自分で振り返るだけではなく、他の参加者からも「こんな個性に気づいたよ」というカードをもらいます。

ほんの少し前に出会ったばかりの関係なのに、それぞれの存在を受けとめあっていたのだということに、びっくりしたり、こころが温まったり。

(黄色いぬいぐるみは、某学習スクールの「まーくん」というキャラクターだそうです。愛くるしく、場を和ませてくれました)


午後は「対立からつながりへ」。とあることを巡り対立するふたりの対話を通じて、対立がどうして起こるのか、そこからお互いの「大切なもの(ニーズ)」に気づき、「つながり」を見出していくプロセスについて体験します。


Love Smart Cardsの特徴は、対立のときに「自分や相手の個性(性格の素敵だと思うところ)とつながる」という感覚とつながるところ。

対立すると、つい「あの人はいつもああいう人だ」とか「またあんなことを言って…」など、相手のことを制限的な見方で捉えがちです。つながりにくくなっている、本当は持っている素敵な質にも気づいていく。そのことが、新たな展望に気づかせてくれるヒントにもなるのです。

この午後のワークの後には満たされたニーズ(大切なもの)とつながって、チェックアウトしました。

  

「こんなにいろいろな感情がある。そして、どんな感情も、あっていいのだと気づけた」
「人とも楽しめるし、自分ひとりでも使っていけるとわかった」
「NVCを実践していく上でサポートになりそう」
「カードをきりながら、直感的につながるのがよかった」
「自分が開催するワークショップでも、このカードを使ってみたい」

などなど、たくさんのコメントをいただきました。


この集合写真には写っていないけれど、ランチにおいしい茄子カレーを用意してくれた知子さん、ありがとうございました!そしてただそこにいるだけで周りを癒してくれた、そらくんにも。

10月14日(日)には同じ会場にて「こころのフィルターに気づく」「リクエストと自己表現」を開催します。興味を持った方は、是非こちらよりお申し込みください(9月30日現在、残席わずかです)。

 
(箕面駅近隣の風景。温泉(駅に足湯あり)や名物もみじ天ぷらが楽しめます!)

今回開催した「共感の力」「対立からつながりへ」は、10月13日(土)に東京にて開催します。12月には沖縄でも2日間(全4講座)を開催。他にも随時開催が予定されていますので、最新情報はスケジュールをご確認ください。また、10名ほど参加者が集まりそうな地域では、リクエストに応じてワークショップを開催していますのでお気軽にご相談ください。

Love Smart Cards (comaki)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です